• トップ /
  • 建設に関する資格の選び方

建設業に関わる資格は複数ある

日本には様々な種類の建設に関する資格があり、選び方に困る人も多くいます。国内で実施されている主な試験には、技術士や技術士補、建築士、測量士などがあり、多数の人々が試験合格を目指しています。例えば技術士は、技術士法に基づいた国家資格で、合格すると建設に関した技術業務に携わることができます。具体的には建築物の設計や工事の監督を行います。建築士は建築物の設計などを行うことができる資格で、一級建築士や二級建築士、木造建築士などに分かれています。選び方は目指す建設技術によって、違ってきます。測量士は測量を必要とする業者が必ず配置しなければならない職種です。試験の必須科目には測量法や水準測量などがあり、合格率は毎年およそ10%という難しい試験です。その他、元方安全衛生管理者は、建設業の現場において重要な役割を果たしています。これは災害防止のために必要な職種で、建築に関係した事業者は、建築現場ごとに専属の元方安全衛生管理者を選出する義務があります。尚、建設に関する資格の選び方は、目的によって異なってきます。資格取得後にどのような職種に就きたいかによるため、前もって建築関係の職種について情報収集することが重要です。

建設の有益情報

↑PAGE TOP